2020年注目テーマ)5Gとは(初心者必見)

注目テーマ

5Gとは?

移動通信システムが第5世代へ移行することをいいます。
世代を英語で言うと「Generation ジェネレーション」のGを取って
第5世代=5G(ファイブジー)といいます。
簡単に言うと、携帯電話がまた技術進歩で高速化されていろいろ便利になること。

すでに韓国では2019年4月に多くの国に先駆けて「5G」サービスを開始しています。
しかし、この技術革新が生活に革新をもたらしているか?は「NO」のようです。
韓国では、5Gにつながるかどうかが現状では一番の問題のようです。
韓国在住のある人は、5Gと既存の4G LTEサービスの間で接続が頻繁に切り替わるため、5Gをオフにしておく日が多いと述べています。

それでは、日本の5Gの行方を総務省の資料を元にまとめてみました。

 

携帯電話の進歩

移動通信システムとは簡単にいうと携帯電話の進歩のことです。

現在は第4世代移動通信システム(4G)です。
2Gから4Gまでは、通信の高速化と大容量化が行われてきました。
なんと、最大通信速度が1G(10キロビット/秒)から4G(1ギガビット/秒)へと約10万倍に向上しました。

これに対して5Gでは、3つの特長を持ちます。
1)通信の「超高速」化
2)通信の遅延時間を短くする「低遅延」
3)同時に接続する端末を増やす「多数同時接続」

5Gでは通信速度が20倍に高まり、同時接続数(単位面積当たり)は10倍に増加し、通信の遅延時間は10分の1に短くなるとされる。

5Gで変わる生活

5Gが実現できると、様々な分野に画期的な変化が期待できます。
・遠隔地からのロボットのリアルタイム制御
・膨大な映像データをリアルタイムに活用できるAR,VR
・自動車の自動運転システム

5Gのサービスはいつから?

5Gサービスは、少なくとも2つの段階を経て進む見込みである。

第一段階:2020年初旬

通信需要の大きな地域(大都市圏)を中心に、「超高速通信」のサービスを提供する。
地域限定の提供となるようです。
具体的には、既存の4G移動通信システムのLTE基地局を強化し、5G移動通信システムの小さな基地局(スモールセル)と有線接続することで、スモールセルのカバー地域で5Gの高い周波数による超高速通信サービスを展開する。5G導入当初の段階では、「低遅延」と「同時多数接続」のサービスは提供されない。

第二段階:2020年中旬以降

カバー地域を広げた基地局(マクロセル)が数多く設けられることで基幹回線網(コアネットワーク)を形成し、「低遅延」と「同時多数接続」のサービスを提供できるようになる。ここで注意しなければらないのは、「超高速」と「低遅延」、「同時多数接続」は両立するサービスではない、ということだ。「超高速」のサービスは遅延時間が長い。「低遅延」のサービスは速度が低い。「同時多数接続」のサービスでは速度は低く、遅延時間は長くなる。全てを両立させることは、技術的には不可能に近い。

5Gの基地局数

NTTドコモは、5Gに2023年までに1兆円規模の設備投資をする方針。一般消費者向けに加え、企業と共同で建機の遠隔操作や遠隔医療など新たなサービスを作る計画。2019年にプレサービスを開始。2020年に商用サービスを開始する計画。

4Gでは一つの基地局で半径数キロメートルをカバーできるが、5Gでは数百メートルしかカバーできない。自動運転車を考えると全国の道路網に基地局を張り巡らせる必要があり、短期では設置できない。

 

タイトルとURLをコピーしました