3753_フライトHD_マイナポイントで再注目銘柄

注目株レビュー
スポンサーリンク

企業概要

システム開発会社。モバイル型電子決済端末や決済アプリサービスなどを展開。
主力事業は3つ。

C&S(コンサルティング&ソリューション)事業

売上比率:22%(2020年3月期)
・公共系・金融系・物流系システム開発
・メディア企業向けデジタルコンテンツ管理

サービス事業

売上比率:75%
・決済ソリューション、決済端末開発・販売

ECソリューション事業

売上比率:3%
・B2B向けのECサイト構築

クラウドインテグレーター事業で、グーグル系クラウドへの移管作業が活況。関連した自社サービスも拡販。
マイナポイントに絡んだコンサルも活発に。

注目ポイント

サービス事業の拡大

主力事業がC&S事業からサービス事業へ変化。
サービス事業の決済ソリューションの売上が拡大中。

新次世代型マルチ決済装置を今秋発売

マイナンバーカードの読取に対応した新次世代型マルチ決済装置「Incredist Premium II」を今秋発売予定。マイナンバーを活用したクレジットカード決済を1台で対応。
2021年3月からマイナンバーカードの保険証利用可能で医療関係へ普及に期待が持てる。

 

■マイナンバーカード対応
従来の「Incredist Premium」の後継機として、カード決済だけではなくマイナンバーカードの読み取りも対応した「Incredist Premium II」を開発し、地方公共団体情報システム機構が運営する「適合性検証済IC カードリーダライタ一」の適合試験を受け「マイナンバーカードに対応したIC カードリーダライタ」として認定されました。
■フライトシステム決済ソリューションとマイナンバーカード
本年9 月よりクレジットカードや電子マネー、QR コードなどのキャッシュレスで支払いを行い、かつマイナンバーカードを提示した顧客には25%ものマイナポイントが付与されるという、実質25%割引なサービスが開始されます(上限5,000円)。
また2021年3月から健康保険証のマイナンバーカードへの統合が開始されます。Incredist PremiumIIは病院で健康保険証の確認と支払い業務における決済の両方を満たすことができる製品です。
今後フライトシステムでは、従来のクレジットカード決済の読み取りニーズだけではなく、マイナンバーカードの読み取りを紐付けて一連の業務が行えるメリットを活かし、多店舗展開している小売業・医療関係者に向けて「Incredist Premium II」の拡販を目指してまいります。

 

株価情報

株価(2020/9/9)786円
時価総額74億円
売上高(2020年3月期)45億円
PER(予想)–倍
PBR12.48倍
配当利回り(20.3実績)0%

テーマ性

キャッシュレス、マイナポイント、マイナンバーカード

ポジティブニュース

9/9 キャッシュレス決済を支える専用ネットワークを構築
~LTEを活用し、いつでも・どこでもスピーディーな決済を実現~
子会社の株式会社フライトシステムコンサルティング(以下フライトシステム)は、ソフトバンク株式会社の協力を得て、永年の決済のノウハウを活かし、フライトシステムのクレジットカード決済、電子マネー決済、QR コード決済に特化したモバイル型キャッシュレス決済端末専用のネットワークを構築し、運用を開始したことを発表致します。

概要は、ソフトバンク提供の専用回線を使用したネットワークであること。専用回線は昔から企業間での情報伝達で使用されており、特別新しいものではありません。しかし、利便性やコストを追求するあまり、汎用回線(インターネット回線)が多く使用されているのが現状です。

専用回線の一番の長所は強固なセキュリティが確保されることです。名前の通り、専用の回線を使用しますので、第三者は物理的に接続できません。

短所は回線使用料が別途発生することですが、高くても月額1万円程度だったと思いますのであまり気にする金額でないと思います。

ソフトバンクの後押しもあり端末機の普及拡大で先駆者利益を十分に確保できることを期待してしまいます。

9/10 コミットメントライン契約の締結及び子会社による私募債発行に関するお知らせ
当社は、本日の取締役会において、コミットメントライン契約の締結について決議いたしました。
また、子会社の株式会社フライトシステムコンサルティングは、本日の取締役会において、私募債発行を決議いたしましたので下記のとおり、お知らせいたします。
調達資金につきましては、今後の大型案件の仕入資金に充当する予定であります。

1.コミットメントライン契約について
① 契約締結先 株式会社りそな銀行
② 借入極度額 2億円
③ 契約締結日 2020 年9月 17 日
④ 契約期間 1年間

2.私募債について
① 社債の名称 株式会社フライトシステムコンサルティング第1回無担保社債
② 社債総額 2億円
③ 期間 7年
④ 発行日 2020 年9月 25 日
⑤ 償還方法 定時償還(半年毎に償還)
⑥ 財務代理人 株式会社りそな銀行
⑦ 総額引受人 株式会社りそな銀行

このニュースのポイントは、

◆大型案件

今期の業績予想は未定となっていますが、この大型案件が業績へ与えるインパクトはどの程度なのでしょうか?
マイナポイント、マイナンバーカード、キャッシュレスなど追い風ばかりで思惑は膨らみます。

◆私募債発行

私募債は財務状況が悪いと発行できません。すなわち、「財務状況が良い」とりそな銀行がお墨付きをくれたということです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました