経営破綻を見抜こう)キャッシュフローの見方を解説

知識

キャッシュフローの見方を解説

2020年5月15日、アパレル大手のレナウンが経営破綻し、民事再生手続きの開始決定を受けたというニュースが国内を駆け巡りました。
レナウンといえば1902年創業の老舗企業であり、1980〜90年代は業界では世界最大規模の売上を誇るアパレルメーカーでした。
レナウンが経営破綻した直接の原因は、資金繰りに窮したことですが、それだけが原因ではありません。同社は以前から業績が低迷していましたが、今回のコロナ危機によって一気に売り上げが落ち、これが資金の逼迫を招きました。

コロナの終息が不透明な現在、第二波の経済停滞も想定してレナウンの二の舞にならないよな企業をキャッシュフローから読み解けるよう勉強していきます。

スポンサーリンク

キャッシュ・フローとは

企業の資金の流れ(キャッシュ・フロー:CF)を把握する情報です。
営業活動(営業CF)・投資活動(投資CF)・財務活動(財務CF)の3つに分類された資金の流れを表しています。

営業CFのチェックポイント

本業でのキャッシュの流れを示しており、企業がキャッシュを生み出す能力である。

投資CFのチェックポイント

固定資産や投資有価証券など投資に関連する分野の購入・売却によって生じたキャッシュの流れ。
先行開発、研究開発費なども含まれる。毎期継続的に投資(マイナス)を行う形が望ましい。

フリーキャッシュフロー(FCF)のチェックポイント

フリーキャッシュ・フローは営業CFと投資CFの和であり、企業が自由に使用できる余剰資金のこと。
プラスであることが望ましい。

財務CFのチェックポイント

金融機関からの資金調達・返済および株式発行による資金調達・配当金の支払、社債発行による資金調達・償還などの財務状況を示すキャッシュの流れ。
マイナスは返済、プラスは借入と考えてよい。

8パターンで簡単チェック

キャッシュフローの組合せで簡単に企業の状態を診断できます。
全8パターンでチェックできます。

パターン営業
CF
投資
CF
財務
CF
説明
優良企業型キャッシュ・フローとしての理想系。
本業で十分なキャッシュを生み出し、その分で投資を行い、
借入金の返済もできているパターン。
成長企業型投資を先行。ベンチャー企業などに多い。
本業でキャッシュを生み出し、さらに借入金も導入して、
積極的な投資を行うパターン。
投資効果を当面見守っていきたい。
事業転換型事業の転換を図っている企業。
本業は好調であるが、事業の転換を図るため借入金を
導入し、保有資産を売却しているパターン。
転換する理由や事業内容を確認したい。
事業検討型過去の実績は有しているが主力事業が低調な企業。
本業でキャッシュが生み出せず、過去に生み出された
キャッシュで投資し、借入金の返済も行うパターン。
主力事業に代わる事業はあるかを見極めたい。
再建型再建途上の企業。新興企業にも多い。
本業でキャッシュは生み出せていないが、借入金を
導入し、投資を実施しているパターン。
再建の効果が出るまで状況を確認したい。
ダウンサイジング型不採算事業を持つ企業など事業縮小を図ろうとする企業。
本業ではさほどキャッシュは生み出しておらず、保有資産
を売却して借入金の返済を重視したパターン。
事業縮小を図った後の効果を見極めたい。
やや注意型金融機関からの融資が途絶えた可能性あり。
本業でキャッシュが生み出せず、保有資産を売却して、
借入金の返済に充当するパターン。
金融機関からの融資を含めた関係を確認することが重要。
要注意型倒産間近?最も注意するべき。
本業でキャッシュが生み出せないため、保有資産を売却し、
借入金を導入してなんとか資金繰りをつないでいるパターン。
当面の資金繰りについて把握する必要がある。

主要企業をチェック

 

銘柄営業
CF
投資
CF
財務
CF
FCF時価総額パターン
9984
ソフトバンク
-3.2兆円11.5兆円成長企業型
成長株とみるか、FCFの大きなマイナスを
危険とみるか判断が分かれる銘柄
7203
トヨタ自動車
++/-4,397億円22.4兆円優良企業型
財務CFは状況によりマイナスになることも。
FCFも豊富で優良企業の一例
4563
アンジェス
-34億円2,825億円再建型
創薬ベンチャー企業
今回こそワクチン開発が成功すれば良いのだが・・
8848
レオパレス
-121億円634億円やや注意型
賃貸マンション運営
-520億円の営業CFのマイナスの大きさが気がかり
違法建築物件多発で再建中
1435
TATERU
-55億円170億円事業検討型
アパート投資サービス会社
18年の不祥事経て再建中
売上高は18年のピーク時から10%以下
6615
UMC
エレクトロニクス
-29億円71億円再建型
EMSの大手。大株主に豊田自動織機
粉飾決算で特設市場注意銘柄
粉飾決算訂正後の採算悪化想定超
6182
ロゼッタ
-2.9億円387億円成長企業型
翻訳サービス会社
売上成長と合わせて営業CFの増加に好感
安心できる成長企業の一例

 

 

タイトルとURLをコピーしました