相場アノマリーを検証

知識
スポンサーリンク

相場アノマリー

相場アノマリーを過去の相場データから検証してみます。

アノマリー(Anomaly)とは、
現代ポートフォリオ理論や相場に関する理論の枠組みでは説明することができないものの、経験的に観測できるマーケットの規則性のことです。

1月効果

12月末から1月の中旬にかけて株価が上がりやすい。
海外投資家(主に米国)が新年に向けてポートフォリオを入れ替える時に起こるといわれています。

節分天井彼岸底

2月の節分に株価が天井を打って、3月いっぱい下げやすい。
1月効果と決算発表で買いが続いて、2月に収まる。

4月効果

日本の新年度を迎えて、株価が上がりやすい。3月に売られた資金が戻り、年度替わりで最初の投資資金が入るために上がりやすい。

GW相場

GWは株式市場が休みとなるため、その前に株式を売るので下がりやすい。

Sell in May

5月に売れ。
米国のヘッジファンドの半期決算売りが多く出る月であり、下がりやすい。
国内企業の決算発表が多い月でもあり、相場の転換期にもなる重要な月。

この格言は、米国ウォール街の相場格言。
「相場が高い5月に売って、9月半ばに再び市場に戻ってこい!」
ということを言っています。その根拠としては、5月からヘッジファンドなどの決算が集中し、季節要因から米国の経済指標が弱く出やすいようです。
また、その後の「夏枯れ相場」も影響があるようです。

夏枯れ相場

海外投資家も長期休暇を取る時期のため、市場参加者が減り出来高が減少し、株価が下げやすい。

12月の株安

税金対策や年末年始前のポジション整理で株価が下がりやすい。

日経平均株価 月足データ

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
月足
勝率
%

54.5
(6/11)

54.5
(6/11)
45.4
(5/11)
63.6
(7/11)
45.4
(5/11)
63.6
(7/11)
72.7
(8/11)
36.3
(4/11)
63.6
(7/11)
63.6
(7/11)
81.8
(9/11)
63.6
(7/11)
2020-451-2062-2225
2019+758+611-179+1052-1657+674+245817+1051+1171+366+362
2018+333-1030-613+1013-266+102+249+311+1254-2199+430-2336
2017-73+77-209+287+453+382-108-278+710+1655+713+39
2016-1515-1491+731-92+568-1659+993+318-437+975+883+805
2015+223+1123+409+313+1043-327+349-1694-1502+1694+664-713
2014-1377-73-13-524+328+529+458-196+748+240+1046-9
2013+743+421+839+1463-89-97-9-279+1067-128+1334+629
2012+347+921+360-563-978+464-312+145+30+58+518+949
2011+9+386-869+95-156+122+17-878-255+288-554+21
2010-348-72+964-33-1289-386+155-713+545-167+735+292
2009+719+694+436+398+136-359-98-689+1201
タイトルとURLをコピーしました