コロナショックー7章

株ブログ
スポンサーリンク

米国で感染が拡大

ついに米国で感染が爆発!

反発ターン到来

3/24 日経平均 大幅続伸1204円高

日経平均株価は大幅続伸し、終値は前日比1204円高の1万8092円。
終値の上昇幅としては約4年半ぶりの大きさで歴代9位だった。

3/24 NYダウ史上最大の上昇2112ドル高

米議会が検討する新型コロナウイルスをめぐる経済対策への期待から、主要企業でつくるダウ工業株平均が急騰し、前日比2112ドル(11.3%)高い20704ドルで終えた。一日での上げ幅は、今月13日に記録した1985ドルを抜いて史上最大を更新。米メディアによると、上昇率でも、1933年以来の急騰となった。

3/25 東京五輪延期、日経急伸1454円高

3/24夜、「完全な形」の東京オリンピック(五輪)が、1年後に延期された。
また、米経済対策法案の成立への期待から買い注文が膨らんで急伸し、日経平均株価は前日比1454円高の1万9546円取引を終えた。
上げ幅は1994年1月以来、約26年2カ月ぶりの大きさで、歴代5位だった。3日連続の上昇で、2週間ぶりに1万9000円を回復した。

3/26 ワシントンDC、1カ月間の企業閉鎖命令

米首都ワシントンDC当局は、新型コロナウイルスの感染防止のため、生活に必須の業種を除くすべての企業の閉鎖を命じた。期間は25日夜から1カ月。バウザー市長は声明で「生活に必須の業種を除くすべてのビジネスの現場での活動を一時的に停止するほか、10人以上の集会も禁止とする」とした。

3/27 英国首相感染

英国のボリス・ジョンソン首相とマット・ハンコック保健・社会福祉相は27日、自身に対する新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを相次いで発表した。

3/28 米経済対策法が成立…過去最大の240兆円規模

米国のトランプ大統領は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて策定した過去最大の経済対策法案に署名し、成立した。
総額は2.2兆ドル(約240兆円)規模に上る。米国では感染拡大による経済活動の縮小が急速に進んでおり、景気下支えを急ぐ。

3/30 志村けんさん死去 死因は新型コロナウイルス肺炎

ザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けんさんがコロナウイルスによる肺炎のため亡くなったことが30日、分かった。
29日午後11時10分、都内の病院で死去した。70歳。死因は新型コロナウイルスによる肺炎。
まじか!感染のニュースからたった数日で・・・
日本中がこのニュースであらためてウイルスの恐怖を感じた。

先週のチャート

日経平均株価

NYダウ

東京でもじわじわと感染経路不明の感染者が増えてきています。
志村けんさんの訃報やプロ野球選手、Jリーガーの感染者が続々と判明しています。
東京圏や大阪圏は収束する気配もなくじわじわ感染者が増えていく恐怖を感じます。

いま、世界中が鎖国状態です。どこの国も外国からの入国を規制しています。
そして、世界中の経済も止まっています。ホテル、外食、娯楽などサービス業は閉店ガラガラ。スペインや米国の一部は不要不急の労働を停止しています。
この先の経済状況はいつ平常化できるのか全く想像できません。ここまで世界経済が止まり、人の移動が止まったことなど現在史上で初めての出来事です。リーマンショックとは異なり、それ以上の経済への大激震になることも考えられます。

ということで、本日保有株のほとんどを売却しました。5月の本決算発表時期まで更なる下落を待つこととします。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました