191213_祝!24,000円回復もどんでん返しはあるのか?

株ブログ

日経平均 24,023 +2.55%
マザーズ 885 -0.88%
東証一部売買高 3.44兆円


いやぁ~とうとう日経も24,000円です。
600円も上げるなんて・・・どうかしてるぜ!
そんな中、マザーズなどの新興株や小型株が弱すぎる。
材料があった銘柄も大きく上下に揺さぶられ簡単に儲かる相場ではありません。
これから買うなら新興や小型株で大きく狙いたいけど、イマイチ盛り上がっていません。

ということで、今日も懲りずに日経ダブルインバース(1360)を買い増し。
現在、1,200株保有。含み損たっぷり。
日経平均22,900円が損益分岐点。まだ勝ち目は十分に残っている?
年内に22,000円台は厳しいかな?損は来年に持ち越しになりそう。
まぁ敗戦処理をコツコツやることになりますが、まだ余力は残っていますから日経が500円上がるたびに買い増ししますよ。

マザーズの盛り上がりがイマイチなことから、楽観するにはまだ早いと思いますね。
15日の米国の対中関税ですが、15日になってみないことには安心できませんね。
しかも、中国側からの声が全く聞こえてこないのが不気味です。
まさかの「どんでん返し」の可能性も僅かに残っているような・・・・

今年1年はずっーーーと、この米中関税の「見送り」と「合意か」の繰り返しでした。
トランプさんの相場操縦に振り回されっぱなし。
15日に米中の貿易戦争は一時中断となるのか?
いやいや、貿易戦争が本当の目的じゃないはずです。中国にきつーいお灸を据えるためのはずです。
中国の軍事拡大、侵略、スパイ行為を阻止するため、戦っているんじゃなかったっけ?
だから「どんでん返し」もあるよね。

来週からは、海外投資家はもうクリスマス休暇に入るでしょうし、個人投資家の税金対策売りもたくさん出てくるでしょう。
週末はゆっくり四季報2020年新春号を読みながら、来年の注目銘柄を探してみようと思います。
それと、年末の逆日歩狙いでおいしい銘柄がないか調べてみよう思います。

難しい相場が続きますが無理せずうまく流れに乗っていきましょう。

(^_^)/~~~

タイトルとURLをコピーしました