191106_注目決算チェック(ソフトバンクG、SUMCO)

株ブログ

日経平均 23,303 +0.22%
マザーズ 871 -0.54%
東証一部売買高 2.48兆円
NYダウ 27,492 +30


9984 ソフトバンクG

SBG、上期営業が赤字転落で着地・7-9月期も赤字転落
20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結営業損益は155億円の赤字(前年同期は1兆4207億円の黒字)に転落した。
直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結営業損益は7043億円の赤字(前年同期は7057億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の29.6%→-30.4%に急悪化した。

孫社長は会見で、「ぼろぼろ。台風というか大嵐で、これだけの赤字を出したのは創業以来ではないか」と総括し、「私自身の投資判断がまずかった。反省している」と述べた。

発表直後から、ネットニュースで話題になっています。
さて、この話題をどう捉えますか?
最近はソフトバンクの節税対策に政府主導で色々とざわざわしていますね。
そんなこともあって、今回は堂々と赤字にしてまたまた納税を回避ですか?
最近のネガティブキャンペーンは何を意味しているのでしょうか?

なぜ孫正義はWeWorkの投資失敗を認めないのか 一日でも早く「携帯電話の次」が必要
孫正義氏率いるソフトバンクグループ(SBG)の先行きに不透明感が強まっている。海外では米シェアオフィス「WeWork(ウィーワーク)」を運営するウィーカンパニーに約1兆円の追加支援を余儀なくされ、国内では子会…
ソフトバンクが倒産したら日本はどうなるか ウィーワーク巨額支援が与える歪み
ソフトバンクグループ(ソフトバンク)は、創業者である孫正義氏の指揮のもとIT先端分野を中心に有望企業への投資を積極的に進め、今後、成長期待の高い分野での収益拡大を目指している。とくに、10兆円規模の“ビ…

3436 SUMCO

非開示だった今期経常は43%減益、未定だった配当は27円減配
19年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比34.3%減の412億円に落ち込んだ。
業績悪化に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は35円(前期は62円)実施する方針とした。

半導体関連銘柄が見直し買いなのか強い展開が続いていましたが・・・・
この決算で半導体関連銘柄の夢が覚める時が来たように思います。
すべての半導体のもとになるウェハーの見通しが暗いようでは半導体関連もやっぱりダメですね。

難しい相場が続きますが無理せずうまく流れに乗っていきましょう。

(^_^)/~~~

タイトルとURLをコピーしました