190918_日経の連騰が止まる

株ブログ
スポンサーリンク

日経平均 21,960 -0.18%
マザーズ 845 -0.52%
東証一部売買高 2.23兆円


とうとう日経が10連騰で連騰劇がわりました
イランのサウジアラビア石油施設の攻撃があっても動じない強さは違和感しか感じません。
今夜にはFOMCの政策が発表されます。ここから大きく動くのか?
また、明日には日銀金融政策が発表となります。
相場の雰囲気がガラッと変わるのでしょうか?

気になる話もチラホラ聞こえてきます。
サウジアラビアは石油施設攻撃を受けて石油生産量が半減すると言われています。
その生産量減産の穴埋めとして、サウジ系の日本株運用が大幅売り出されるのではないかと・・・
また、米国とイランの緊張も高まっています。
そして、10月暴落説が聞こえてきます。
もし、この日経10連騰が大きく下げる前の暴騰劇であれば、現在の売りポジ全開含み損が利益に変わる期待が膨らみます。
いずれにしても、今夜のFOMCと明日の日銀の発表に注目です。

1360 日経ベア2倍 x600
8338 筑波銀行 x3,500
8550 栃木銀行 x3,500

我慢した甲斐があって銀行株がじりじり下げてきました。
売り増ししたい気持ちですが、含み損が減って明確な下げ相場になるまでもう少し我慢です。

やっぱり、ここから上に行くより下だなと思いは変わりません。
為替が有事の円高へ動き出せば、日本市場は一気に加速することも想定しておきたいです。

年内重要イベント

9/17,18 FOMC
(追加利下げ確実視?)
9/18,19 日銀金融政策決定会合

10/1 消費税10%に引き上げ
10/1 中華人民共和国の建国70周年
(景気刺激策発表の期待大?)
10/17,18 EU首脳会議
10/18~20 IMF・世銀年次総会
10/24 ECB理事会
10/27 アルゼンチンとウルグアイで大統領選
(政治混乱に伴う動揺がある?)
10/29,30 FOMC
10/30,31 日銀金融政策決定会合
10/31 英国のEU離脱期限

11/16,17 APEC首脳会議
12/10,11 FOMC
12/12 ECB理事会
12/12,13 EU首脳会議
12/18,19 日銀金融政策決定会合

難しい相場が続きますが無理せずうまく流れに乗っていきましょう。

(^_^)/~~~

タイトルとURLをコピーしました